保育理念

保育園の方針

良質な水準かつ適切な内容の保育・教育の提供を行うことによりすべての子どもたちが健やかに成長するために適切な環境が等しく確保されることを目指します。

小規模保育所の特徴を最大限に生かし、子どものこころに寄り添った極め細やかな保育を目指します。

園庭のない都市型の保育所ですが、戸外での遊びを沢山取り入れ季節を五感で感じ、感性が豊かに育まれるよう日々の保育に取り組みます。

保育園の目標

1笑顔であかるく元気な子
-家庭的なくつろいだ雰囲気の中で、健康なからだ、情緒の安定を図り、心身ともに豊かな子供を育てる。生活に必要な基本的生活習慣や態度を身につけ、意欲的に生活できるようにする。
2思いやり・優しさが持てる子
-人との関わりの中で人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てる。
3自然に親しみ、豊かな感性が持てる子
-自然や社会現象に親しみ、興味や関心を育てる。様々な体験を通して、豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培う。
4気持ちを言葉で表現する子
-生活の中で言葉への興味・関心を育て、話す、聞く、そして相手の思いを理解するなど、豊かな言葉の発達を促していく。