保育内容

児童福祉法、子ども・子育て支援などを遵守し、保育所保育指針及び保育課程に沿って乳幼児の発達に必要な保育・教育を提供します。
0歳児
安心・安全のゆったりとした環境の中で、身体的発達・社会的発達・精神的発達の3つに関する視点から生活のリズムを整え、大人との信頼関係の中で安心して生活できるようにしていきます。
様々なことに興味や好奇心をもって関わり、表現できる力が育つようにしていきます。  

1歳児
絵本・手遊び・季節の遊びなどを通して様々な経験を増やす働きかけを行い興味を深め、遊びの楽しさを伝えていきます。
「自分でしたい」という思いや願いを尊重し、その発達や生活の自立を温かく見守り支えていきます。

2歳児
身の回りの事を自分でできるように見守るとともに、一緒に行い身につくようにしていきます。
職員や友達との関わりの中で、楽しみながら社会性を育めるようにしていきます。

3~5歳児
子どもが自分で考え、主体性を持ちながら生活できるようにしていきます。

生活習慣を知り、1日の流れを見通しながら生活できる環境を作ります。

友達と話し合いながら、考えを出し合い協力してやり遂げる力を育める環境を作ります

就学に向けて以下の取り組みを行っていきます。

  • 年齢に応じて集中して取り組む時間(ワークの時間)を設けていきます。
  • 就学に向け、座って長時間取り組む姿勢を養うことを目的としています。
    (個々のペース等もあるため、無理がないよう楽しく行っていきます。)
    【例】3.4歳児・・・
    色や線など遊びながら取り組んでいきます。
    【例】5歳児・・・
    ひらがなや数字などに興味が持てるようにしていきます。
  • 1月よりお昼寝の時間がなくなります。(5歳児のみ)